教育・保育内容

教育・保育内容

  • 乳幼児期に最も相応しい学びの手段としての「遊び」に注目し、教育・保育の中心に位置づけます。 
  • 「遊び」を大切に、「遊び」を通して体験的に知識や技能を身につけ、獲得した知識や技能を知恵として生活に活かせる子どもを育てます。 
身体作り 体幹を鍛え、ボディイメージを訓練し、様々な運動の基礎となる動きを身につけます。
・サーキットトレーニング
・体育指導(アクバス)
・キッドビクス(F&D)
・水泳(星田コモンシティスイミングスクール)など
学習 脳科学に基づき、それぞれの月齢・年齢の発育・発達に沿った体験学習(アクティブ・ラーニング)を行います。小学校への滑らかな接続と、小学校入学後も意欲的に楽しく学び続ける姿勢づくりを目標にしています。
・絵本の読み聞かせ
・劇遊び
・就学準備プログラムなど
情操教育 心と感性、豊かな情操を育みます。
・リトミック ・和太鼓 ・絵画・制作
・絵本 ・音楽鑑賞会・落語会など
季節行事
・伝統行事
日本の文化を大切に、季節ごとの行事を大切にします。地域の伝統行事に参加し、地域に見守られて育ちます。
・七夕祭り・秋祭り子ども神輿
・クリスマス・節分・おひな祭りなど
このページのTOPへ